« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

カレーを食べよう!

2011flamme_himawari1

こんにちは!、今日はお昼にカレーを食べるぞ~と決めてきたスタッフMです。

会社の近くに『マドラス』というカレー屋さんrestaurantがあるのですが、
量も多く、美味しいので、たまに利用しています。
でも、私はあまり量は食べないので、Sサイズ(600円)を頼むのですが、
それでも普通のお店でいうレギュラーサイズの量なので十分!
私は、それにいつもカツをトッピングしてカツカレーにして食べています。
また、ランチの時間にはサラダとコーヒーが付くので無茶苦茶お得ですhappy01

あ~、今からお腹が鳴っています。


さて、先月ポピー柄が発売されてとても好評なフラムフルール・シリーズですが、
10月中旬ぐらいに新柄 『ひまわりsun が登場することになりました!
ヒマワリは夏のイメージがあり 「ど~かなぁ~?」 と思っていましたが、
出来上がったサンプルを見ると、

全然ありです。

というか、とってもお洒落で良い~感じですnotes
まさに、カレーが食べたくなる色合いかも・・・happy01
私的にはオールシーズン楽しめ、子供達に使ってもらっても
将来きっと良い思い出になるデザインだと思いました。


また、このシリーズ発売に伴い、ボーンチャイナ製の
カレースプーン(ポピー&ヒマワリ柄)も制作中です。
陶磁器製のスプーンは口当たりも良く、
是非セットで使ってみたいアイテムです。

私も、今から出来上がってくるのが楽しみです。
また、スプーンのサンプルが出来てきたらアップしていきたいと思いま~す。



新作『フラムフルール・シリーズ』はこちら


;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

3_3

| | コメント (1)

2011年9月 5日 (月)

ポピーの赤は・・・

2
こんにちは!スタッフMです。
今日は食器に描かれている花の『色』のお話です。

世の中にはいろんな食器があり、その中の多くには
キャラクターの絵や花の絵なんかがデザインされてたりしますよね。


普通、絵を描くとき、12色の絵の具artよりも24色の絵の具artの方が
微妙な色の変化をキャンバスに描くことが出来るように、
食器に描かれている絵も同じことが言えます。

食器にプリントされた花tulip(絵)の色合いも、
色の数が多いほど深みが増し、鮮やかなものが出来ますが、
通常、食器に描かれている絵は、4~7色しか使われていません。
と言うのも色を増やすと、コストもかかるからなんですよね~。
その為、プリントされている絵もなかなか深みが出てこないんです。


でも、FUYO HARNAでは、春名芙蓉の描いた絵が命ですので
それを忠実に再現するため、通常の2~3倍の12~17色を使用し、
納得がいくまで色を追求しています。

普通、緑なら1色のところ3色使って陰影を出したり、
赤の部分では、通常2色で表現するところを
赤だけで6色とか使って深みを出しているんです。
このため、他社の食器とは全く違う風合いの色が生まれているのです。


子供の頃、色鉛筆で72色入りのをプレゼントされて嬉しくて
持っているだけで絵が上手くなった気になった記憶がありますが、
今は私もデザイナーをしていますが、
絵を描くにおいて、色がたくさんあるって大切なんですよね~。

2011flamme_poppy2_2

特に、今回のポピーの赤ですが、
食器の世界では、『赤』の色は上手く出ない、と言われています。
でも、このポピーシリーズは、何度となく試作を繰り返し、
鮮やかな赤を再現することが出来ました。

見ているだけで元気になれるこの『情熱の花』で
明るく笑顔の絶えない食卓に彩りを添えてみてくださいねhappy01


新作ポピーの『フラムフルール・シリーズ』はこちら


;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

3_3

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »